教会増殖ニュース

 

アメリカ合衆国1:ラスベガスのハウスチャーチ

「最近私は、20代の若者のすばらしいグループに出会った。彼らは、ラスベガスでハウスチャーチの開拓をしている」と、ドーン北米コーディネーター、マイク・スティール(Mike Steele)の報告。 「罪の街」の真ん中で、彼らはバーの経営者、トランプ師、ホテルのスタッフを、自分たちの家の集会に招いている。多くの人たちが、傷のいやしの必要から、自分を受け入れてくれる人を捜しており、イエスを知らなくても集会にやって来る。短期間の間に15のハウスチャーチが開拓され、そこのクリスチャンの一人がさらに6つの教会をわずか3週間で開拓した。 この若者のムーブメントの目標は、「ラスベガスにいるすべての人が歩いて行けるところに教会開拓を。」

 

生活の変革を促す小グループを通しての教会の誕生

ロサンゼルスでは、1998年に別の教会開拓ムーブメントが始まっている。「グリーンハウス(Greenhouse、温室の意)」と呼ばれるプログラムを通して行なわれる、おもに若いクリスチャンを対象にしたトレーニングである。 ニール・コール(NeilCole)とポール・カーク(Paul Kaak)によって開発されたその概念は、単純である。それは、「生活変革グループ(life transformation groups)を増殖させる」ことである。

 

1週間に聖書を30章読む人3名が毎週集まり、互いの罪を告白し合い、新しく加わってくれる人のために祈る。4人目の人が入れば、そのグループは分かれ、各2人となったグループは3人目の仲間が与えられるように祈る。 最初の1年間で、6つのハウスチャーチが開拓され、2年目には18、3年目には50、そして今年は現時点で118開拓された。その報告によれば、この数は年末には150に達しているだろうとのことである

 

情報提供:Mike Steele, Dawn Ministries